1. ホーム
  2. ピアノ クリーニング
 
ピアノクリーニング

ピアノ クリーニング

新築やお引っ越し、お部屋のリフォームに合わせて、また、ご実家からの移動の際など、ピアノクリーニングは大変ご好評いただいています。

ピアノを一旦工房にお預かりして、分解整備する形になります。


ピアノ クリーニング

アップライト 基本料金:75,600円
(税込、運送代別途)

< ピアノクリーニングの内訳 >

・調律・調整(アクション、鍵盤周りの詳細なチェックと整備)+納品時調律(県外は交通費実費)
・各部 分解清掃
・弦、ピン サビ落とし
・外装パネル 分解磨き
・底板 分解清掃(サンディング又は黒塗装)、ペダル周りのチェックと整備
・ペダル、ヒンジ 磨き+防錆処理
・ペダル窓(上下)フェルト、クロス、スキン交換
・鍵盤 バフがけ(磨き)+側面サンディング
・マフラーフェルト交換
・その他、小さな消耗部品の交換や外装の小さな傷の補修は、必要に応じて適宜

< 別途修理が必要な場合 >

上記の項目以外に修理が必要な場合、内部・外装いずれも通常の修理料金の3割引にて承ります。

■ 内部クリーニング

ピアノ内部クリーニング
クリーニングとはいいますが、ピアノ動作のチェックと整備がメインです。

クリーニングというと「お掃除」の意味ですが、ここではそれにも増して、ピアノの動きや音の出る仕組みに関係する部分の円滑さを取り戻すために、消耗部品を交換したり再調整したりする作業が中心になります。

ピアノを細かく分解すると、1つの鍵盤あたり約80もの部品で作られていることになるのだそうですが、それ×88鍵分が互いにバランスよく連動してはじめて1台のピアノとして機能します。

1つ1つの部品の状態と、それらが関連する部品同士の動きやバランスをそれぞれ最適にする作業は大変重要だということは想像に難くないですが、毎年の定期調律では細かいところまではなかなか目が行き届かず、ましてや長年放置されたピアノでは著しく状態が悪くなっているものも少なくありません。

 

■ 外装クリーニング

ピアノ外装クリーニング
新しいピアノが家にやって来たときの感動が甦ります。

「古いピアノですから・・・仕方ないですね。こんなもんですよ。」
という変な常識を信じる必要はありません。

当工房では、日常的にピアノの外装を分解したり組み立てたりを繰り返す作業がメインなので、クリーニングといえども妥協はしません。磨きの作業に関しても、工具が自分の手の延長だと思うくらいに感覚やノウハウが詰まっている得意分野です。

納得の仕上がりを、ぜひご体感ください。

木目のピアノもきれいになります。

 

■ ピアノクリーニング施工例

ピアノクリーニング施工例

(クリックすると大きな画像が見れます。)

  1. ホーム
  2. ピアノ クリーニング