1. ホーム
  2. ピアノリメイク
  3. How to リメイク
 
ピアノリメイク

ピアノリメイク|How to リメイク

ピアノリメイクの作業の流れをご紹介します。
ここでは、大阪府からご依頼いただきましたM様の作業の様子を例にとってご説明させていただきます。

■ 作業開始 まずは分解

ピアノ背面掃除 ピアノ背面マスキング

外装パネルを外し、アクションや鍵盤を下ろします。


■ 背面の掃除とマスキング

ピアノ背面掃除 ピアノ背面マスキング

先にピアノの背面をきれいに掃除して、マスキングしておきます。


■ 作業台の上に寝かせてさらに分解します。

ピアノ作業台 ピアノ作業台2

ピアノを作業台に乗せてさらに分解します。


■ フレーム周りのクリーニング。

ピアノフレームクリーニング1 ピアノフレームクリーニング2

外すものを外してすっきりと作業がしやすくなったところで、弦、チューニングピン、プレッシャーバー、ヒッチピン、駒周り、フレーム、フレームボルト、響板・・・などなど、隅々までクリーニングします。


■ 小傷の下処理

小傷の下処理1 小傷の下処理2

小傷のひとつひとつを処理するため、傷の深さまでなだらかに周りを削り取ります。


■ パテ付け

パテ付け1 パテ付け2

その後、削った分より若干多めにパテを盛って傷を埋めます。


■ パテ研磨〜下塗り塗装

パテ研磨 サーフェーサー

パテが完全に乾いたら、平面を出しながら注意深く削って、その周りも塗料が密着するようにペーパーがけして、下塗りのサーフェーサーを吹きます。


大切なピアノがきれいに生まれ変わるためとはいえ、下地作業中の様子はむごたらしい写真ばかりなので、この辺りのご説明はそこそこに端折っていきたいと思います(笑)

 
  1. ホーム
  2. ピアノリメイク
  3. How to リメイク