1. ホーム
  2. ピアノリメイク
  3. How to リメイク
 
ピアノリメイク

ピアノリメイク|How to リメイク

ピアノリメイクの作業の流れをご紹介します。
ここでは、大阪府からご依頼いただきましたM様の作業の様子を例にとってご説明させていただきます。

■ お問い合わせ・ご注文のご連絡

お問い合わせ
お問い合わせフォームより、お問い合わせやご注文の概要をお伝えいただきます。

リメイクの内容について大まかにお伝えいただくのと併せて、お手持ちのピアノをリメイクされる場合には、ピアノの種類(グランド/アップライト)、メーカー、機種、製造番号、定期調律の頻度、現状不具合があればその箇所など、わかる範囲でお知らせいただきます。

こちらの例の場合は、”ピアノを移動する際、30年くらい前のピアノとイスをリメイクしたいが、遠方からの作業以来も可能か。また、その場合の内容や予算、打ち合わせの方法などを知りたい。”という内容のお問い合わせをお問い合わせフォームよりいただきました。

 

■ 打ち合わせ

打ち合わせ
県内の場合は一度ご訪問させていただき、また、遠方の方とはメールを中心に打ち合わせを進めます。

完成のイメージを出来るだけ詳細にお伝えいただいき、場合によってはお部屋の写真や色のサンプルなどを送っていただきながら、それをもとに打ち合わせを重ねて仕上げの内容を決定し、お見積もりを出します。

こちらの例の場合、お問い合わせへの返信後に早速、何パターンかのご希望の仕上がりイメージとお部屋の様子が分かる画像を何枚か送っていただきました。ご希望の色がオレンジ色のパールということで、文章だけではニュアンスをお伝えするのががなかなか難しそうでしたので、それに基づいてサンプルの画像を何パターンか作ってお部屋の写真に重ね、それをたたき台にして詳細なところまで少しずつ話を詰めて行きました。

 

■ ピアノの移動

ピアノの移動
仕上がりのイメージがほぼ決定した段階でご注文を確定させていただき、配送の手配をします。

(打ち合わせと運送手配とは前後する場合があります。)
ピアノの移動は特にご指定がなければ当方で手配させていただきます。
遠方のお客様には、運送にかかる料金と日数で少なからぬご負担をおかけいたしますが、それに見合った作業内容と仕上がりでお返し出来ます様、精一杯努力させていただきます。

 

■ 入庫後、各部の点検

各部の点検
入庫後、作業に入る前に各部を詳細にチェックします。

内部から外装まで、お預かりしたピアノの現状を詳細にチェックして、作業や今後の使用に影響が有りそうな部分はお客様に状態と対策などを説明し、追加修理の有無を確認します。
(もし追加修理が有った場合は、同時作業ですので通常料金の3割引になります。)
外装の傷は、よほど酷い場合を除いて下地処理としてリメイクの料金に含みます。

 
  1. ホーム
  2. ピアノリメイク
  3. How to リメイク